青鯖日記

英語の学習ログです。

レアジョブに入会

 そういうわけで、英語を勉強するためにオンライン英会話のレアジョブに入会しました。

 きっかけの1つ目は、海外出張で英語のプレゼンがひどいことになったことです。今私は2週間の海外出張中ですが、月曜日にプレゼンをやりました。プレゼンの内容自体は大変好評で、あとで国際プロジェクトにも誘ってもらえました。
 しかし、悲惨なプレゼンでした。質疑応答に入ると、どんどんと飛んでくる難解な質問に、私の英語は無茶苦茶になっていきます。ふだん出てくる単語も出てこない。参加者はできる限り、私の答えを汲み取ろうと、「青鯖の言ってることはこういうこと?」「つまり、こういうことだよね?」と聞いてくれます。ほとんどクイズ大会の様相を呈しています。私は私で、もう頭が真っ白で、ある化合物の生成過程について「ケミカルプロセス……(もはや片仮名)」と答える始末でした。
 私が仕事をしている領域は、みんな親切で、英語を話せなくても冷やかしたり、雰囲気が悪くなったりすることはありません。みんな助けてくれます。でも、私はいたたまれない気持ちで辛くなります。
 相手にされてないなら、海外で仕事をすることも諦めようと思えます。しかし、内容は評価されている。残念としか言いようがありません。来年もおそらく同様のプレゼンのチャンスがあるはずなので、それまでにまともな英語を話せるようになりたいと心の底から思いました。
 そのためには、スピーキングの練習は必須です。これまでの経験上、オンライン英会話で毎日コツコツと勉強することが、一番効果があるとわかっています。これは、やらざるを得ない、と思いました。

 きっかけの2つ目は、岡英里さんのブログです。前から岡さんのブログやnoteを拝見していて、衝動的にレアジョブに入会されたのを見て、私も「この勢いにのせられよう」と思って、すぐに検索してレベルチェックを申し込みました。
 こういうのは迷ってはいけないのです。オンライン英会話は、安いとはいえ、月々の支払いもありますし、何よりも「自分は続けられるのだろうか」という不安もあります。そして、毎日、英会話に時間を割くのはしんどい。でも、やらなければ、英語力は伸びません。なので、すぐに始めました。